副院長ブログ

2017.03.24更新

春休みに入り、連日子供の矯正についてご相談をいただいております。ありがとうございます。

当院は「歯を大切にする歯科医院」として歯や歯の神経をできる限り抜かない治療を日々行なっております。子供の矯正に関しても、出来るだけ歯を抜かない虫歯にしないことを重要だと感じ小児矯正を行なってまいりました。現在では横浜市営地下鉄・東急田園都市線沿線唯一の子供の矯正「MRCシステム」認定歯科医院となっております。

「MRCシステム」認定歯科医院の大きな特徴としては、認定歯科医院限定の治療ツールや専門の研修を特別に活用することができるため、ドクターはもちろんスタッフの熟練度はもちろん知識も豊富です。

子供の時期に最適な矯正法「MRCシステム」、成長すると治療が難しくなると同時に歯を抜いたり、外科手術も必要になるリスクが高くなります。

時間を戻すことはできません。もし心配でしたら当院へご相談頂ければと思います。矯正が必要かどうかも含め、なぜそのような歯並びになったのか原因を探り、その原因に対する治療法をお話しできればと思っております。

詳しい、矯正相談や診査についてはこちらの記事をご覧ください!

「ドクターズファイル」

https://doctorsfile.jp/h/10841/hr/1/

「当院ホームページ・子供の矯正」

http://www.e-ndc.com/ortho/

 

投稿者: 医療法人社団健歯会中村歯科クリニック

2017.02.02更新

土台には人工ダイヤモンドと呼ばれる天然の歯に似た透明感がありつつ固い素材「ジルコニア」を使用し、表面には白くて透明感があり自然な色合いを作れる「セラミック」を使っています。天然の歯のような見た目と丈夫さを両立できます。

審美2

ジルコニア

投稿者: 医療法人社団健歯会中村歯科クリニック

2017.02.01更新

中村歯科クリニックでは出来るだけ歯を抜かない矯正を行っています。
特に小児から若年者にかけては『MRC システム』を活用することにより歯を抜かず、ブラケットを付けず、後戻りのしにくい将来困らない口元の獲得を目指しています。

case1

case2


歯科矯正治療のmenu
①こどもの矯正(MRC システム)
②大人の矯正
③部分的な矯正(MTM)
④矯正治療への流れ・お支払方法

①こどもの矯正
当院ではMRCのシステムを用いて「歯並びが悪くなる原因」を改善することを目的とした治療を行っています。
歯はただ並んでいるわけではなく、歯の周りにある頬と舌の間に並ぶようになっています。
そして、歯は持続的にたった2g程度の力がかかっているだけでも動いてしまいます。
ですから悪い癖「口が開いている(口呼吸)」「正常に飲み込めない(異常嚥下)」などを持っていると、それに影響された噛み合わせに変化してしまうのです。

歯並びが悪くなる原因は遺伝であることは少なく(現在では遺伝による乱れた歯並びや顎の成長は2~25%程度であると言われています)、口が開いてたり、飲み込む時ベロが出たり、くちびるを噛んだり、指をしゃぶったり・・・・・など普段何気なく行っている悪い癖でが原因なんです。
その歯並びが悪くなる原因を直していないので「矯正後の後戻り」が起きてしまうのです。

<何気ない悪い癖により起こること>
⑴口呼吸
 口で呼吸をすることで、本来 上あごの裏にあるはずの舌が下がります、そうすると舌がなくなったスペースに歯が倒れて舌が上げづらくなります。そうなると歯並びはパターンA:舌が後下方に落ちると下の前歯もガタガタに、口が開いているので「出っ歯」「開咬」「過蓋咬合」に。パターンB:舌が下の前歯の裏に来ると、下あご自体を押してしまい「受け口」になりやすくなります。
何より怖いのは落ちた舌が気道をふさぐので、猫背になり無理に呼吸をするようになります。寝てる時にはより舌が落ちるので「いびき」「睡眠時無呼吸症候群」を起きやすくなします。熟睡できないので目の下にクマがある子も多いです。
 鼻が機能しなくなるので、鼻づまりしやすくなり、鼻を含めた顔(中顔面)の発達が悪くなります。現在では鼻で呼吸しないことにより「発達障害」「アレルギー」「アトピー」「喘息」などを誘発しやすくなると言われています。

⑵異常な飲み込み
 飲み込む際、お口の中は陰圧(いんあつ)になります。その際、頬から内側に300g(約りんご1つ分)の力が歯にかかります。そして舌は外に向かって500g(ペットボトル1本分!)の力がかかるのです。前述した通り、歯は2g程度の力で動きますので、悪い癖があり正常では無い方向に力がかかってしまう(もしくはかからない)と歯並びが悪くなります。そしてそれが長い間続くと顎や顔面の成長にも影響が出てきます。

<MRC システムについて>
先述したようにMRCシステムは、歯並びが悪くなる原因である口の周りの機能を正常にします。それにより歯並びが良くなる環境が作られ「歯がキレイに並ぶ」のです。通院は3週間に1度ほどです。

⑴MRCシステムのフィロソフィー
MRCはDr. Chris Farrellによって確立されたMyofunctional Orthodontic System(筋機能矯正)です。最大の特徴は着脱式のトレイナー装置の装着(場合によりBWSなども)とアクティビティを「本人」+「親御さん」+「セラピスト」+「歯科医師」が協力して正常な口の周りの機能を獲得することで正常な歯並びに導くことです。MRCシステムによりブラケットや抜歯を避け、後戻り防止装置も用いいる必要がなく、さらに顔面の良好な発達を得ることができます。
この基本的な治療方針「NO BRACE(ブラケットをつけない)」「NO EXTRACTION(歯を抜かない)」「NO RETAINER(後戻り防止装置がいらない)」「BETTER FACE(顔つきも良くなる)」を基にし、日本ではまだあまり認知されていませんが、現在世界では約100カ国以上もの歯科医院で用いられています。

ルーム

※当院ではアクティビティの指導に最適なアクティビティールームを完備しています!

⑵治療のゴール
この治療のゴールは歯並びの改善だけではなく、再び歯並びが悪くならないためのポイント「鼻呼吸であること」「軽く口唇が閉じていること」「舌が口蓋の正しい位置にあること」「飲み込む時に口唇の動きがないこと」も目標にしています。


歯並びだけではなく、心身の成長や発達を健全にすることで、健康な一生を送りやすい環境をととのえることができます。こどもの矯正は親が子供にしてあげる未来に向けた一番のプレゼントではないでしょうか。

この治療法の最適な時期は6~10歳と言われています。(この時期以降は無理というわけではありません)手遅れになり歯を抜く矯正治療になる前にご相談ください!
お気軽にご連絡ください。検診とともに確認させていただきお話をお聞きいたします。
まずはお電話でご予約をお取りください。045-903-6807

 

②大人の矯正
機能的でより美しい口元を目指し治療を行っております。年齢による制限は少ないと考えられており、最高で70歳代の方でも行っています。使う器具や治療法に関しては矯正の診断後に個々それぞれの症状に合わせご説明いたします。症状によりご期待に応えられない場合もありますが「歯を抜きたくない」「少ない範囲でやりたい」など、ご要望がありましたらご相談ください。

③部分矯正(MTM)
「見た目を良くしたい」「機能的に改善したい」「虫歯の歯を抜かないで有効的に利用したい」など、お口の中全体に器具を付けないでも改善できる場合は、部分矯正(MTM)にて対応します。金額的にも少なくてすみますし、治療中の違和感を減らすことができます。

④矯正治療への流れ・お支払方法(クレジットカード・分割可能)
⑴お口の中の検査・矯正相談
⑵矯正前診査・説明
⑶矯正方法の決定・矯正開始
⑷お支払方法について

⑴お口の中の検査・矯正相談
・矯正を行う前に、むし歯や歯周病の検査を行い矯正を行える状況かどうかを検査します。(むし歯や歯周病を放置した状態で矯正を行うと、病気が速く進行し歯を失う危険を伴います。)
その状況を踏まえ、矯正の相談(無料)をさせていただきます。
※検査は保険診療で行います。
・年齢やお口の中の状態を見させていただき、矯正方法や金額などの見立てをご説明いたします。(矯正前診査により矯正方法や金額が変わることもあります)

⑵矯正前診査・説明 ¥30,000-(税抜き)
・顔面の骨格的な状態、歯や顎の状態を調べるためにレントゲンをにて診査を行います。
・矯正前の歯並びの状態を診査・記録するために口の中の写真や診査用模型の型取りを行います。
・特に子供の矯正においては立位の全身写真(着衣)なども撮らせていただきます。
・1週間程度後に、診査結果や治療方針・治療計画・矯正費用についてご説明いたします。
・矯正前の心配事や相談などしやすいカンファレンスルームを完備しています。

⑶矯正方法の決定・矯正開始
・治療方針・治療計画・矯正費用について同意が得られれば、矯正を開始していきます。

⑷お支払方法について(詳しくは受付にてご相談ください)
・現金・お振込・クレジットカードによるお支払が可能です。(VISA, MasterCard, JCB, AMERICAN EXPRESS, Diners Club, TOP, 銀聯 など)
・矯正治療期間内であれば分割(2回、4回、8回など)によるお支払が可能です。分割による手数料はいただいておりません。

 

投稿者: 医療法人社団健歯会中村歯科クリニック

2016.03.11更新

卒園式・入学式・七五三
メモリアルな記念撮影用のこども入れ歯!
k1

結婚式の写真選びで「歯が抜けた写真はカッコ悪いからやめとこう」と選ばなかった経験をされた方が多いのではないでしょうか?

子供の歯が抜けた笑顔はとっても可愛いですよね^ ^
生え変わりの時期だけのおかしな可愛さです♡

そんな時にメモリアルな写真を撮る必要があるとしたら「より綺麗に」「よりカッコよく」写真を残せるとすれば、将来なんとも嬉しい贈り物になるのではないでしょうか?

いずれ大きくなった子供を見ながら「こんなに小さかったんだね・・・」と夫婦でしんみり思い出す。家族の記憶に残る記録の1ページになることでしょう。

k2
Before ちょっと残念な感じ・・・
k3
After 輝く笑顔!!
☆中村歯科クリニック『メモリアル♡子供の入れ歯』の特徴☆
①入れ歯を得意とする当院では医院内の歯科技工士が思いを込め1つ1つ丁寧に作成いたします

②写真でより良いスマイルができるように希望者にはMRCclinics公認のセラピストが無料で「スマイルエクササイズ」を提供いたします^ ^

③ワン モア ティース(One More Teeth)サービス:万が一、メモリアルな日までに他の歯が抜けてしまった場合は無料で歯を追加いたします!

子供の付け歯 1装置10,000円(税抜き)

Before ちょっと・・・。笑
k4
After 思わずピース!な笑顔^ ^♡
k5

投稿者: 医療法人社団健歯会中村歯科クリニック

2016.02.24更新

歯の神経をできる限り保存する治療。成功率95%以上

黄矢印に注目! 最初は歯の神経まで及ぶ大きなむし歯でしたが、何回か歯の神経を残す治療を行いました。新しい歯の質も出来て、現在も安定した状態です!

c5

黄矢印に注目!
最初は歯の神経まで及ぶ大きなむし歯でしたが、何回か歯の神経を残す治療を行いました。新しい歯の質も出来て、現在も安定した状態です!

 

「大きいむし歯なら歯の神経を取って当然」と思っていませんか?
「まぁ、しょうがないかな?」と思っているかもしれません

しかし「当院で歯を抜く歯はほとんど神経を取っている歯です」と聞いても「しょうがない」でしょうか?
歯の神経を取ることで歯の寿命が短くなることは多くの論文で証明されています。
統計的には20年ほどでトラブルを抱えることが多いようです。

食べ物を食べる際の最初の消化器官である「歯」、できれば一生ご自身の歯で美味しく食事をしながら過ごしたいものですね!とくに子供はまだまだずっと長く活用していかなければなりません。虫歯にならないことが一番ですが、何かあっても早期発見し歯の神経の保存に努めたいものです。

当院では大きなむし歯であってもしみる程度の症状の場合は、歯の神経を保存するむし歯治療を行っております。現在500症例以上行っておりますが、成功率は95%を超えています。もしむし歯の痛みが少なくて「神経を取ります」と言われたら、安易に同意せず、ご相談いただきたいと思います。
※何もしなくてもズキズキ痛い場合の多くや歯の神経が既に露出している・歯の神経が既に死んでいる場合は保存できませんのでご了承ください。

歯の神経を保存するむし歯治療の手順
c6
①むし歯の状態を精密に診査します。
②痛く無い程度にむし歯を取り除きます。
③歯の質を改善させ除菌をするお薬(HY材)を置きます。
④しっかりと周りを密封します(光重合レジン)。
⑤3〜6ヶ月おきます。その間にむし歯に近い歯の神経内に新しい歯の質(修復象牙質)が出来たり、柔らかかった歯の質が硬くなったりします。
⑥まだ改善が必要であれば①〜⑤を繰り返します。問題がなくなればむし歯の大きさに合わせ詰め物などで塞いでいきます。

<実際の治療例>
CASE 1  20代男性

k9
黄矢印に注目!
最初は歯の神経まで及ぶ大きなむし歯でしたが、何回か歯の神経を残す治療を行いました。新しい歯の質も出来て、現在も安定した状態です!

CASE 2 10代女性

k10
「冷たい水がしみる」と来院されました。中断期間があり3年かかりましたが、歯の質もカチカチになり、改善した歯の質がレントゲンでも白い帯状に見えるほどに!(右下画像の黄矢印)

CASE 3 40代女性

k11
「ときどき歯が痛む」として来院(黄色矢印)。症状が出てきており、歯の神経を取る可能性も説明したうえで、同意のもと神経の保存を試みた。現在のところ問題は見られない。(右となりの歯は、歯茎の下までむし歯になっていたため部分矯正を行い保存)

投稿者: 医療法人社団健歯会中村歯科クリニック

2016.02.05更新

こどもの治療について                         中村貴則

子供の歯を虫歯にせず、健康な成長を見守るために

私たちは小児歯科にチカラを注いでいます!

k6

k8

↑子どもの治療について特集や論文も執筆しています。

当院は30年間、地域の歯科を担っており、様々な大人の歯のトラブルと接して参りました。そして、なによりも子供の頃から歯を悪くしないための生活習慣や意識付けを身につけてもらうことが大切であるとかんがえております。そのためには子供+親+クリニックが協力して向き合っていくことが不可欠です。
虫歯にしたくない子も虫歯になってしまった子もぜひいらしてください。
当院では子供に合わせた予防・治療をおこなっています!

 

小児歯科のmenu

①歯医者さんに慣れよう!

②予防・メインテナンス!

③虫歯の治療

④歯並びの治療

⑤ぽかんと開いたお口(口呼吸)の治療

 k9

①歯医者さんに慣れよう!

最初にお子さんが泣いちゃうのは当然だと思います。
新しい場所だし、何されるんだろ・・・など、不安でいっぱいです。
お子さんには「ひとつひとつ出来るようになっていこうね!」という気持ちを持って
必ず女性スタッフが付き添いやさしく応対いたします。
少し時間はかかりますが、最初泣いちゃった子も徐々に慣れてくると「な~んだ、今日はもうおしまいっ?つまんないの~」なんて強がりを言ってきたりするものです(笑)。
かと思えば、できていた子も成長していくうちに想像力が増して、怖くなっちゃうこともあります。
大人の治療に対してもですが、子供ひとりひとりの状態に合わせて治療を行いますのでご安心ください。

 

②予防・メインテナンス!

何よりも虫歯にならないようにすること、虫歯を増やさないこと。そして大人になってからの虫歯や歯周病のリスクを減らすために歯磨きしやすい健全な歯並びが得られるか観察していくことが、予防・メインテナンスにおいて重要だと考えています。

子供の検診

⑴診査(虫歯チェック・歯磨きチェック・大人の歯があるかどうか)

⑵歯磨きのトレーニング ※おうちで使用されている歯ブラシをお持ちください。

⑶現状とこれから気をつけることについてのお話

⑷フッ素塗布・シーラント

⑸ご褒美に・・・♡

⑴診査(虫歯チェック・歯磨きチェック)

・虫歯のチェック:視診やデンタルフロス、Dファインダーなどを用いて虫歯になっていないかを診査します。必要に応じてレントゲンを撮ることもあります(その際は、親御さんに事前に説明・確認いたします。実際のところ歯科のレントゲンの放射線量は人体への影響があるレベルでは全くありません)。

・歯磨きチェック:必要に応じて染め出しを行い(その際は、親御さんに事前に説明・確認いたします。)歯磨きがちゃんとできていてプラークが取れているかチェックいたします。口をゆすぐだけでは取れないバイオフィルム(ばい菌が作る防護壁)に覆われたプラークをしっかり取れていることが虫歯予防に重要なんです!

・大人の歯があるかどうか:生え変わった後の大人の歯があるかどうか心配な場合、レントゲンを撮ることもあります(その際は、親御さんに事前に説明・確認いたします。実際のところ歯科のレントゲンの放射線量は人体への影響があるレベルでは全くありません)。逆に余分な歯がある場合もあるんです(「過剰歯 カジョウシ」と言います。)。

大人の歯が有るか無いかは心配事のひとつだと思います。下の歯が生える時期の表を参考にしてください!

生え変わり表 

 

⑵歯磨きのトレーニング

歯磨きチェックで必要と判断した場合、仕上げ磨きを行う親御さんも含めトレーニングを行います。ちょっとした歯磨きの工夫でピカピカなお口の中になります!

※おうちで使用されている歯ブラシをお持ちください。お持ちにならない場合はご購入いただくことになります。(150円ほど)

⑶現状とこれから気をつけることについてのお話

今現在お口の中で起きていること、そして今後起こるであろうことをお話します。

※特に矯正が必要になるであろうお子さんには、その時期と必要性をお話します。矯正は開始時期が遅くなると歯を抜く必要性が出てきたり、虫歯になりやすくなるブラケット治療が必要になり費用が高くなります(場合により100万円近くになることも!)。

当院ではブラケット矯正や抜歯矯正・外科矯正にならないように小さい頃からおこなえる『MRCシステム』による矯正治療を行っています!

⑷フッ素塗布、シーラント

フッ素塗布:さまざまな研究論文が示すように、虫歯になりにくくするためにフッ素塗布が重要だと考えております。当院では歯科医院でしか使えないフッ素を利用しております。

シーラント:虫歯になりやすいであろうリスクの高い歯の噛み合わせなどに行うことがあります。

⑸ご褒美に・・・♡

慣れない歯医者さんで頑張ってお口を開けてくれたご褒美に、当院からちっちゃなプレゼントをあげています。みんなこれが楽しみで、検診が終わるとウズウズしています。

子供の検診は通常4ヶ月毎に行っております。虫歯になってから慣れない歯医者さんで治療するのは子供にとっても連れてくる親御さんにとってもツライものです。

日頃から少しづつ歯医者さんに慣れていく良いきっかけになるといいですね!

ご褒美BOX

ご褒美ボックス
いろいろあるから、楽しいよ^ ^!

 

③虫歯の治療

虫歯とは:細菌が出す酸により歯が溶かされてできたものです。

虫歯というと穴が空いているかどうかというところに注意が向けられますが、それに加えて当院では虫歯になってしまう環境(歯磨きの習慣や食事習慣、フッ素)にも注目しています。いくら治療を行っていても、虫歯になる環境のままであれば虫歯の発生は防げません。子供+親+クリニックがタッグを組んで取り組む必要があります。

虫歯の治療:一般的に「削って詰める」というイメージが強いと思います。しかし現在では歯磨きで普段から歯ブラシを当てている虫歯であれば、虫歯は進行しないと言われています。

特に子どもの歯の治療の目標は「無事に大人の歯と交換できるように」することであると考えております。子どもの歯の表面に出来た小さな虫歯であれば歯磨きと食事習慣の改善、フッ素を使用することで経過を観察することもあります。

削る必要がある虫歯の場合、痛みが無ければ「①歯医者さんに慣れよう!」に書いたように、慣れることから始めます。痛みがある場合は、あの手この手を使って出来るだけ痛みが少なく治療ができるように致します。

 

④歯並びの治療(MRCシステム)

当院ではMRCのシステムを用いて「歯並びが悪くなる原因」を改善することを目的とした治療を行っています。並びが悪くなる原因とは何か?それは口が開いてたり(口呼吸)、飲み込む時ベロが出たり、くちびるを噛んだり、指をしゃぶったり・・・・・など普段何気なく行っている「お口の周りで起きている悪い癖」なんです。おそらく「???」だと思います。

では無意識に唾を飲み込む時を例に挙げます。飲み込む際、お口の中は陰圧(いんあつ)になります。その際、頬から内側に300g(約りんご1つ分)の力が歯にかかります。そして舌は外に向かって500g(ペットボトル1本分!)の力がかかるのです。

実は歯は2g程度の力で動きますので、悪い癖があり正常では無い方向に力がかかってしまう(もしくはかからない)と歯並びが悪くなるのです。そしてそれが長い間続くと顎の成長にも影響が出てきます。現在では遺伝による乱れた歯並びや顎の成長は2~25%程度であると言われているんです。

周りに「歯並び治したのに元に戻った」経験した方も多いとおもいます。歯並びが悪くなる原因を治していないからなんです。

この治療法の最適な時期は6~10歳と言われています。手遅れになり歯を抜く矯正治療になる前にご相談ください!!

 

⑤ぽかんと開いたお口の治療

叱るのは簡単だが、なかなか口を閉じてくれない。

そう悩んでる親御さんは多いとおもいます。僕も小さい時口が開いていましたが何度叱られても治りませんでした。なぜだったのでしょうか?そこには口呼吸の問題があります。人間も含め動物は全て鼻で呼吸しています。現に生まれたばかりの赤ん坊は鼻で呼吸しています。なんらかの理由で口呼吸になってしまった場合は、ただ「口を閉じろ、鼻で呼吸しろ!」と言ってもできません。使わず退化してしまった機能を訓練して回復していかないといけません。当院ではMRCシステムで用いる筋機能訓練を応用して対応しています。口呼吸は歯並びを乱したり、いびきや睡眠時無呼吸症候群(小児の突然死の原因とも言われています)を誘発しますので、早めに対応したいものです。※鼻で呼吸する環境が備わっていない場合(重度の鼻炎・歯列不正)はそちらの対応から行うこともあります。

※現在水面下でクリニックホームページを修理しています。
今後「治療内容のページ」に載せる予定のものを一足先に副院長コラムへ掲載いたします。

投稿者: 医療法人社団健歯会中村歯科クリニック

2014.04.04更新

自分の歯で噛みたい!そんな方への最後の望み
インプラント、ブリッジ、入れ歯ではない第4の選択肢!

当院では、保存不可能な歯や失った歯の場所にインプラントや入れ歯、ブリッジだけではなく歯の移植もおこなっています。
歯の移植は食事時などに使っていない親知らずや余っている歯を、必要な場所に植える方法です。できる限り新鮮な状態で移植を行うことで、歯の根の周りにある歯根膜という組織が本来有るべき歯の周りにある骨などの再生や誘導をしてくれます。

i1
私(中村貴則)の初めて掲載された論文も歯の移植についてでした。

当院における歯の移植へのステップ

まずは、現在の歯が本当に保存不可能か審査します。
移植先の部位と移植する歯のサイズが合うか歯科用CTなどを用いて精査します。
移植を行い、しっかり骨とくっ付くまで固定します(通常1ヶ月程度)
通常の歯と同じように治療をして行きます。
治療後は定期検診で良い状態が続いてるか確認します。
※個々の歯の状況によって手順や期間が変わることがあります。
※移植の時 ばい菌に感染しないように、事前に歯周病の検査や治療、クリーニング、何よりご自身で清潔に保てるように歯磨き指導を行ないます。

h2 

投稿者: 医療法人社団健歯会中村歯科クリニック

2013.07.09更新

むし歯は大きさと進行具合によってC0~C4という5段階に分類されています。小学校や中学校の歯科健診なので聞き覚えのある方も多いのではないでしょうか。
当院ではその段階や症状によって「大事に思っている4つのこと」にある「なるべく削らない、抜かない治療」を心がけ適切な処置を行なっております。
これより、むし歯の分類と特徴、そして当院の治療方法をご説明いたします。
*当院では見えない部位やあやしい部位に関しては様々な器具や小さなレントゲンを撮って確認することがございます。(小さなお子様にレントゲン撮影を行う場合は必ず保護者の方へ確認・説明をいたします。)

C0

C0

特徴:なりかけのむし歯。まだ歯に穴はなく、表面に白濁や着色のみ見られる
治療方法:進行しないように歯ブラシの当て方の確認およびフッ素を利用して歯を再石灰化させる。削らずに予防の白い詰め物(シーラント)をする事もあります。

c1

C1

特徴:表層のむし歯。エナメル質にのみ穴があいており、内側の象牙質にむし歯が達していないため痛むことは少ない。
治療方法:進行しないように歯ブラシの当て方の確認およびフッ素を利用して歯を再石灰化させる。場合によっては進行しないように最小限に削って詰める必要があります。

c2

C2

特徴:エナメル質から象牙質にまで進行したむし歯。甘いものや冷たいもの、温かいものなどの刺激でしみ始めます。(人によっては痛みません)
治療方針:治療後再発しないように歯ブラシの当て方の確認をします。多くの場合削って詰める治療(白いものor金属)が必要になります。麻酔が必要になる場 合も有ります。むし歯がかなり大きい場合、歯の質をできるだけ削らないようにするため、歯の質を改善させるお薬を用いて段階的にむし歯を除去していく方法 を適用することもあります。

C4

C3

特徴:むし歯が神経に達して、ばい菌で歯の神経が痛んでいる状態。痛みが強くなり、場合によっては頭がガンガンしたり夜も眠れなくなります。
治療方法:そのままにしていると体中にばい菌が巡ってしまいます。麻酔をして適度に歯を削り、歯の神経を取り除きます。症状が小さい場合は神経を残せることも有ります。

C4

C4

特徴:神経が死んで腐っている状態。以前より痛みは弱まりますが、ばい菌が歯の根の先から血管に入り全身の病気(心臓病や腎臓病など)を引き起こすと近年の研究で言われています。

治療方法:適切な対処が必要になります。歯の保存が可能であれば、むし歯を除去し歯の神経があった根の管を徹底的に消毒します。

投稿者: 医療法人社団健歯会中村歯科クリニック

  • 中村歯科クリニック ドクターズ・ファイル
  • 院長コラム
  • 副院長ブログ