小児歯科

一人ひとりのお子さんに合わせた治療を

同じ3歳児であっても、一人ひとり性格やお口の中の状態も違います。そのためどのお子さんに対しても同じような治療・ケアをするのではなく、それぞれのお子さんに寄り添って診療方針を決めていくようにしています。

また、「歯医者さんは怖い」と思ってしまうと、二度と歯医者さんには行きたくないということになってしまいますので、押さえ付けていきなり歯を削るようなことは絶対にしません。まずは院内の雰囲気に慣れてもらい、少しずつ治療を受けられるようにします。ご自宅でも「歯医者さんに行って歯を削ってもらうからね!」といった発言はなさらないようお願いいたします。逆に治療が必要になる前に予防のための通院をしておくと、「歯医者さん」という場所に慣れて当たり前のようにご来院いただけるようになっていきます。

親御さんへの説明

お子さんの歯を守っていくためには、お母さんやお父さんのご協力も欠かせません。そのため治療の際は、今、お子さんの歯がどのような状態になっているのか、どの部分に汚れが溜まりやすいのか、この年齢ではどういったことに気をつけなければならないのか、普段の食生活は何に注意すべきなのか…といったことをご説明させていただいております。

なお、治療中はずっとお子さんの横で見ていただくこともできますし、待合室でお待ちいただくことも可能です。お子さんの不安や親御さんのご希望などに応じて、柔軟に対応いたします。

自宅でのケアについて

虫歯を予防するために重要な二大要素は「フッ素」と「シュガーコントロール」だと言われています。もちろん歯磨きも大事ですが、この2つをきちんと続けていくようにしましょう。

フッ素については、予防でご来院された時に高濃度のものを歯に塗ります。また、夜寝る前に自分で塗れるタイプのものもありますので、ご紹介させていただきます。

シュガーコントロールにおいて、砂糖の摂取はできるだけ量を減らしましょう(特にお口の中で液体になるアメやジュース)。小さいお子さんはまだ消化器が発達していないため、どうしても3回の食事だけでは足りないことがあります。そのためおやつを食べていただくのは構いませんが、お菓子以外の物にすると理想的です。いつも何かを口にしているといった状況は避け、食べる時間を決めるようにしましょう。

  • 中村歯科クリニック ドクターズ・ファイル
  • 院長コラム
  • 副院長ブログ