Dr.輝夫ブログ

Dr.輝夫旧ブログ>

2019.12.20更新

 診療室の近くの園歯科医となっている保育園に検診に行ってきました。0歳児から5歳児まで六十人ぐらいを半日弱で検診しなければならないのは大変でした。歯科医院ではいろいろ患者さんとお話ししながらお口の中を診査するのですが、挨拶もなしにお口の中をのぞいて記録を取るだけの作業に違和感を感じました。子供にしても、どうして初めて会うおじさんに口の中を覗かせなければならないのだろうと怪訝に思うのも無理からぬことでしょう。
 そうとはいえ、お役目は果たさなければと、なるべく優しくは接しましたが、かなり多くの子供に泣かれてしまいました。それでも、虫歯が少なくなっていることを実感しました。数年前には大きな虫歯を有する子供もいたのですが、今回は、虫歯がある子は三人ぐらいでしかも小さなものでした。できれは保護者の方に虫歯や歯並びの成長過程についてお話しできればと良いのにと園長先生にお話ししましたが、そのような機会を作るのは難しいようでした。

投稿者: 医療法人社団健歯会中村歯科クリニック

  • 中村歯科クリニック ドクターズ・ファイル
  • 院長コラム
  • 副院長ブログ