Dr.輝夫ブログ

Dr.輝夫旧ブログ>

2020.04.09更新

『8020運動』という言葉を見聞きすることがあると思いますが、どの様なことかご存知でしょうか?これは、平成元年(1989年)に厚生省と日本歯科医師会が、80歳になっても20本以上の歯を保って高齢になっても美味しく食事ができて、健康に生活できる様にしようという趣旨で始めた運動です。人の歯は親知らずを除くと上下の顎に14本づつ28本あります。できればすべての歯が保存できれば良いのですが、だいたい20本以上有している方は通常の食事ができるという統計調査から、高齢になってからもきちんと食事ができる20本の歯を維持することも目標にしたということです。その運動を始めて30年経過しましたが、当初は80歳の方の平均残存歯数は4本でして、目標である8020達成者は10%も満たさないものでした。そんな状況でしたから、国は8020達成者が50%を超えるのを平成34年(2026年)に設定したのですが、すでに目標の期限より6年も早く平成28に達成してしまいました。8020

実際中村歯科クリニックに通院していただいている80歳以上の方におかれても、8020を達成されて健康的で活発に生活されている多くの方がおられます。それでも高齢になればなるほど、歯や歯肉が弱ってくる傾向があるのは否めないと感じます。しっかり歯磨きを励行し、できれば定期検診受けていただき、お口の健康しいては全身の健康維持に努めてもらいたいものです。

投稿者: 医療法人社団健歯会中村歯科クリニック

  • 中村歯科クリニック ドクターズ・ファイル
  • 院長コラム
  • 副院長ブログ