副院長ブログ

2017.02.02更新

土台には人工ダイヤモンドと呼ばれる天然の歯に似た透明感がありつつ固い素材「ジルコニア」を使用し、表面には白くて透明感があり自然な色合いを作れる「セラミック」を使っています。天然の歯のような見た目と丈夫さを両立できます。

審美2

ジルコニア

投稿者: 医療法人社団健歯会中村歯科クリニック

2017.02.01更新

中村歯科クリニックでは出来るだけ歯を抜かない矯正を行っています。
特に小児から若年者にかけては『MRC システム』を活用することにより歯を抜かず、ブラケットを付けず、後戻りのしにくい将来困らない口元の獲得を目指しています。

case1

case2


歯科矯正治療のmenu
①こどもの矯正(MRC システム)
②大人の矯正
③部分的な矯正(MTM)
④矯正治療への流れ・お支払方法

①こどもの矯正
当院ではMRCのシステムを用いて「歯並びが悪くなる原因」を改善することを目的とした治療を行っています。
歯はただ並んでいるわけではなく、歯の周りにある頬と舌の間に並ぶようになっています。
そして、歯は持続的にたった2g程度の力がかかっているだけでも動いてしまいます。
ですから悪い癖「口が開いている(口呼吸)」「正常に飲み込めない(異常嚥下)」などを持っていると、それに影響された噛み合わせに変化してしまうのです。

歯並びが悪くなる原因は遺伝であることは少なく(現在では遺伝による乱れた歯並びや顎の成長は2~25%程度であると言われています)、口が開いてたり、飲み込む時ベロが出たり、くちびるを噛んだり、指をしゃぶったり・・・・・など普段何気なく行っている悪い癖でが原因なんです。
その歯並びが悪くなる原因を直していないので「矯正後の後戻り」が起きてしまうのです。

<何気ない悪い癖により起こること>
⑴口呼吸
 口で呼吸をすることで、本来 上あごの裏にあるはずの舌が下がります、そうすると舌がなくなったスペースに歯が倒れて舌が上げづらくなります。そうなると歯並びはパターンA:舌が後下方に落ちると下の前歯もガタガタに、口が開いているので「出っ歯」「開咬」「過蓋咬合」に。パターンB:舌が下の前歯の裏に来ると、下あご自体を押してしまい「受け口」になりやすくなります。
何より怖いのは落ちた舌が気道をふさぐので、猫背になり無理に呼吸をするようになります。寝てる時にはより舌が落ちるので「いびき」「睡眠時無呼吸症候群」を起きやすくなします。熟睡できないので目の下にクマがある子も多いです。
 鼻が機能しなくなるので、鼻づまりしやすくなり、鼻を含めた顔(中顔面)の発達が悪くなります。現在では鼻で呼吸しないことにより「発達障害」「アレルギー」「アトピー」「喘息」などを誘発しやすくなると言われています。

⑵異常な飲み込み
 飲み込む際、お口の中は陰圧(いんあつ)になります。その際、頬から内側に300g(約りんご1つ分)の力が歯にかかります。そして舌は外に向かって500g(ペットボトル1本分!)の力がかかるのです。前述した通り、歯は2g程度の力で動きますので、悪い癖があり正常では無い方向に力がかかってしまう(もしくはかからない)と歯並びが悪くなります。そしてそれが長い間続くと顎や顔面の成長にも影響が出てきます。

<MRC システムについて>
先述したようにMRCシステムは、歯並びが悪くなる原因である口の周りの機能を正常にします。それにより歯並びが良くなる環境が作られ「歯がキレイに並ぶ」のです。通院は3週間に1度ほどです。

⑴MRCシステムのフィロソフィー
MRCはDr. Chris Farrellによって確立されたMyofunctional Orthodontic System(筋機能矯正)です。最大の特徴は着脱式のトレイナー装置の装着(場合によりBWSなども)とアクティビティを「本人」+「親御さん」+「セラピスト」+「歯科医師」が協力して正常な口の周りの機能を獲得することで正常な歯並びに導くことです。MRCシステムによりブラケットや抜歯を避け、後戻り防止装置も用いいる必要がなく、さらに顔面の良好な発達を得ることができます。
この基本的な治療方針「NO BRACE(ブラケットをつけない)」「NO EXTRACTION(歯を抜かない)」「NO RETAINER(後戻り防止装置がいらない)」「BETTER FACE(顔つきも良くなる)」を基にし、日本ではまだあまり認知されていませんが、現在世界では約100カ国以上もの歯科医院で用いられています。

ルーム

※当院ではアクティビティの指導に最適なアクティビティールームを完備しています!

⑵治療のゴール
この治療のゴールは歯並びの改善だけではなく、再び歯並びが悪くならないためのポイント「鼻呼吸であること」「軽く口唇が閉じていること」「舌が口蓋の正しい位置にあること」「飲み込む時に口唇の動きがないこと」も目標にしています。


歯並びだけではなく、心身の成長や発達を健全にすることで、健康な一生を送りやすい環境をととのえることができます。こどもの矯正は親が子供にしてあげる未来に向けた一番のプレゼントではないでしょうか。

この治療法の最適な時期は6~10歳と言われています。(この時期以降は無理というわけではありません)手遅れになり歯を抜く矯正治療になる前にご相談ください!
お気軽にご連絡ください。検診とともに確認させていただきお話をお聞きいたします。
まずはお電話でご予約をお取りください。045-903-6807

 

②大人の矯正
機能的でより美しい口元を目指し治療を行っております。年齢による制限は少ないと考えられており、最高で70歳代の方でも行っています。使う器具や治療法に関しては矯正の診断後に個々それぞれの症状に合わせご説明いたします。症状によりご期待に応えられない場合もありますが「歯を抜きたくない」「少ない範囲でやりたい」など、ご要望がありましたらご相談ください。

③部分矯正(MTM)
「見た目を良くしたい」「機能的に改善したい」「虫歯の歯を抜かないで有効的に利用したい」など、お口の中全体に器具を付けないでも改善できる場合は、部分矯正(MTM)にて対応します。金額的にも少なくてすみますし、治療中の違和感を減らすことができます。

④矯正治療への流れ・お支払方法(クレジットカード・分割可能)
⑴お口の中の検査・矯正相談
⑵矯正前診査・説明
⑶矯正方法の決定・矯正開始
⑷お支払方法について

⑴お口の中の検査・矯正相談
・矯正を行う前に、むし歯や歯周病の検査を行い矯正を行える状況かどうかを検査します。(むし歯や歯周病を放置した状態で矯正を行うと、病気が速く進行し歯を失う危険を伴います。)
その状況を踏まえ、矯正の相談(無料)をさせていただきます。
※検査は保険診療で行います。
・年齢やお口の中の状態を見させていただき、矯正方法や金額などの見立てをご説明いたします。(矯正前診査により矯正方法や金額が変わることもあります)

⑵矯正前診査・説明 ¥30,000-(税抜き)
・顔面の骨格的な状態、歯や顎の状態を調べるためにレントゲンをにて診査を行います。
・矯正前の歯並びの状態を診査・記録するために口の中の写真や診査用模型の型取りを行います。
・特に子供の矯正においては立位の全身写真(着衣)なども撮らせていただきます。
・1週間程度後に、診査結果や治療方針・治療計画・矯正費用についてご説明いたします。
・矯正前の心配事や相談などしやすいカンファレンスルームを完備しています。

⑶矯正方法の決定・矯正開始
・治療方針・治療計画・矯正費用について同意が得られれば、矯正を開始していきます。

⑷お支払方法について(詳しくは受付にてご相談ください)
・現金・お振込・クレジットカードによるお支払が可能です。(VISA, MasterCard, JCB, AMERICAN EXPRESS, Diners Club, TOP, 銀聯 など)
・矯正治療期間内であれば分割(2回、4回、8回など)によるお支払が可能です。分割による手数料はいただいておりません。

 

投稿者: 医療法人社団健歯会中村歯科クリニック

  • 中村歯科クリニック ドクターズ・ファイル
  • 院長コラム
  • 副院長ブログ