Dr.貴則ブログ

2017.07.31更新

夏休みに入り、連日たくさんのこどもたちが検診にいらしています。

皆さんが心配されるのは「むし歯」と「歯並び」です。

むし歯に関しては、歯と歯の間や歯の溝の「学校の歯科検診」では見えない位置のむし歯ができていないか調べることが肝心です。そしてむし歯にならないようにするための生活習慣のコツのお話やフッ素塗布などを行なっています。

検診の際、親御さんから「歯並び」について相談されることも多くあります。当院ではMRCシステム認定歯科医院(こどもの矯正認定歯科医院)としてお子さんの矯正相談も同日に行えますので、スタッフへお話しください。

もちろん矯正相談のみも行なっております。こどもの歯並びは成長とともに悪くなります。手遅れになって「歯を抜かないとダメ」・・・なんてことになる前に、大切な歯を守るためにもご相談いただきたいと思っております。

現在ではこどもで早期治療が必要なものは「むし歯」と「歯並び」であることは周知の事実です(一部の矯正の先生は否定しますが)。しかし、「むし歯」も「歯並び」もどこで治療してもいいわけではありません。肩書きだけではなく院内感染予防も含め、治療に必要な設備や知識、研修を行なっている歯科医院で治療をすることをお勧めします。

※MRCシステムについて
従来、歯並びは遺伝で起こると思われていました。しかし、最新の研究では歯並びが悪くなる原因のほとんどが、『口の周りの筋肉による悪い癖(呼吸・舌・口唇・飲み込み)』であると言われています。  MRCシステムは歯並びをただ治すだけではなく、歯並びが悪くなる原因にアプローチしていきます。お子さんを正常な成長発育へ導くことで、歯並びはもちろん呼吸や姿勢、顔貌の改善が見られることがMRCシステムの特徴です。免疫系疾患(アトピー、アレルギーなど)や呼吸器の病気にも良い効果が見られています。

こちらもご覧ください
MRC紹介動画
https://www.youtube.com/watch?v=nTLm0g2sSUY

こどもの矯正について
https://www.e-ndc.com/ortho/

アクティビティールーム

 

 

投稿者: 医療法人社団健歯会中村歯科クリニック

2017.07.10更新

 夏休みに近づくにつれ、子どもの矯正の相談を受けることが多くなりました。
 MRCシステムは他の矯正方法と違い、子どもの成長に合わせ、正常なアゴや顔貌の成長をうながす矯正方法です(最適な年齢は6~10歳、より若い方が最適な成長を与えやすい)。そのため専門の研修を行い、専門の設備を設けています。
 矯正相談において、他の矯正方法とどのような違いがあるのかドクターやエデュケーターが動画や当院の資料を用いて説明させていただきます。その際にお母さんから「主人に説明するためのわかりやすい資料はないですか?」と聞かれることがあります。そこで当院では今までの資料をもとに当院オリジナルのリーフレットを新しく作成いたしました。もちろんご主人も一緒に来ていただきお話を聞いていただけると一番良いですが、なかなか仕事で・・・ということも多いと思います。お気軽にご入用の方はぜひ一言お声掛け下さい。

下記リンク先もご覧ください

こどもの矯正について

こども矯正紹介動画

リーフレット小

投稿者: 医療法人社団健歯会中村歯科クリニック

2017.07.06更新

先日、当院の滅菌消毒についてブログを書いたところ、偶然にもメディアで「ハンドピースの使い回し」についておおいに報道されています。

https://medical-tribune.co.jp/news/2017/0703509277/

当院では移転開院からハンドピースは毎回滅菌(感染しないように細菌・ウイルス・プリオンを死滅させる)させています。よって、記事に出ている事象に関しては「当たり前」として対処しています。

飲食店に例えるなら、使用済みの口に入るお箸をちゃんと洗わずに拭いて次のお客さんに使わせるようなもの。問題ないのかもしれませんが・・・気持ち悪いですよね。それに加えて、歯科では感染の原因になりうる「出血」による器具への「血液付着」が日常茶飯事です。より注意が必要だと考えます。

それより気になるのが、感染原因となる「血液付着」が起こる器具は「ハンドピース」だけではありません。「ハンドピース」に付ける「バー」も、アシストが持つ「バキューム」、術野を洗浄する「3WAYシリンジ」、根管治療に用いる「ファイル」など、前の患者さんと同じのと思うとゾッとします。

当院では常時5台(1台増えました)の滅菌消毒器をフル活用してみなさまの診療が清潔に行えるよう心がけています。

そして、そのような対策によりスタッフの安全・安心にもつながり自信を持って患者んと向き合えるのだと思います。

これからも中村歯科クリニックの安心・安全な滅菌対策のもと治療や検診、子どもの矯正など幅広くレベルの高い歯科医療を提供できればと感じています。

前回の滅菌消毒についてのブログhttps://www.e-ndc.com/blog/2017/06/post-67-479687.html

 

 

 

 

投稿者: 医療法人社団健歯会中村歯科クリニック

2017.06.29更新

先日はフリーランス歯科衛生士 井上和先生による「滅菌消毒システム」についての講義&ディスカッションでした。
当院は個別パッキングやタービンの使用毎滅菌、その他可能なものを出来る限り滅菌をして院内感染を防いでいます。
今回はそれに加え、最新の感染予防対策薬品やより複雑にしないようにするため実際の流れの確認し意見交換を行いました。
より清潔で安心安全な環境を患者さんやスタッフにも提供できるようになりました。
綺麗に保たれている医院は気持ちいいですよね!
ぜひ皆さんのご来院お待ちしております。

講義風景

当院では最新のクラスBオートクレープを始め4台の滅菌消毒器をフル稼働し、安心・安全な歯科医療を提供しています。

オートクレープクラスB

 

投稿者: 医療法人社団健歯会中村歯科クリニック

2017.06.22更新

この度、周りの方のお力添えにより臨床歯周病学会誌へ症例報告を掲載させていただくことができました。

学会誌掲載

内容を簡単に言うと「重度の歯周病と歯根の先にあるバイキンの巣が繋がった『歯内ー歯周病変』の歯をどうやって守ったか」というお話です。

治療に関しては、出来るだけ早期に「歯を抜くか抜かないか」判断せず、歯をお口の中に保てるかどうか治療しながら確認して進めました。最終的には抜かなければならない歯もありましたが・・・。削る歯も最小限に抑えながら様子を見ながら範囲を決めていきました。現在治療後5年ほどになりますが、波はあるものの患者さんの歯周病の悪化は見られず定期的なメンテナンスで症状の変化を確認しています。

 

このような治療を通して感じることは、ここまで悪くなる前に治療すること。悪くならないような生活習慣を早めに身につけておくこと。
そして何より、そのような状態になりやすいお口の中の環境を大人になるまでに改善しておくことが大事であると痛感致します。

投稿者: 医療法人社団健歯会中村歯科クリニック

2017.06.17更新

日頃から、よい子に通ってくれる子供たちのために『よい子のこどもポイントカード』を作りました^ ^

よい子のこどもポイントカード

いつもの「ガチャガチャ」もいいけれど(関西では”がちゃぽんたまご”?)・・・、ポイント貯めると豪華景品と交換できます!!
おもちゃもらっても・・・というママさんパパさんのために「図書カード」なども用意されています^ ^

ぜひ来院時ご確認ください!

ぽいんとルール

ポイントもらうにはルールがあります(笑)

ぽいんとかード裏

裏はポイント帳、なくさないように「お名前」も書いてね!

 

今回も、作成には手を抜かずスタッフとともに「ああだこうだ」言いながら副院長が1から作成いたしました。

何かありましたら教えてください!
ひとりでも多くの子どもが笑顔で来院できますように^ ^!!

ポイントカードサンプル
不採用になったポイントカードのサンプルの山・・・。

 

投稿者: 医療法人社団健歯会中村歯科クリニック

2017.06.08更新

押見一先生、新井俊樹先生、塚原宏泰先生が主催する、知る人ぞ知る歯科臨床研修会(紹介制)「一の会」卒業生の集まり「二の会」が昭和大学にて開催されました。

去年はウルトラマラソン出場のため参加できませんでした(ブログ:ウルトラマラソン完走)。今年は参加させていただき、発表の機会もいただくことができました。

発表は「子供の矯正と向き合う」という題で、現在中村歯科クリニックが行なっている子供の矯正の説明やその結果どのような成長発育変化が起きているか、実際の症例を通し歯並びだけではなく全身姿勢、呼吸、成長発育)や体調(アレルギー、睡眠障害)の改善についてお話しさせていただきました。
他の先生の発表も大変勉強になりました。特に歯科治療に栄養指導も取り入れていらっしゃる小幡宏一先生の示唆に富んだご発表は、とても勉強になりました。

 

これにて立て続けに続いた発表は院内勉強会を除いてはひと休み。発表や参加して得たことを医院システムや臨床に役立てて参りたいと思います。

・・・あとは発表&懇親会続きでお腹周りが・・・夏に向け引き締めたいと思います^ ^

2017二の会発表

2017二の会集合写真

 

投稿者: 医療法人社団健歯会中村歯科クリニック

2017.06.05更新

先日の臨床基本ゼミ(歯科医師対象)において『深在性う蝕に対する治療』について講義させていただきました。

わかりやすく書きますと「深い虫歯に対する治療法」として、歯の神経を守る治療法のノウハウをお話ししました。

当院では大きな虫歯になった歯でも、できるだけ歯の神経が残るような治療をこだわって行なっています。2017年5月現在181症例の歯の神経の保存に成功しており、成功率は95%となっています。

もちろん虫歯にならないように生活習慣やセルフケアを身につける必要がありますが、虫歯になってしまっても歯の神経を失わないようにすることで、将来のトラブル(歯の喪失や入れ歯)のリスクを減らせます。

今回の講義では、歯の神経を残す治療を「適応症」「理論」「治療手技」「トラブルシューティング」について、特に複雑になりがちな「治療手技」について明日の診療から取り入れてもらえるようキモを抑えつつシンプルにできる方法を実際の症例をお見せしながらお話しさせていただきました。

少しでも多くの患者さんの歯に神経が残るきっかけになればと思っております。

 

もう一つトピックスとしましては、今年から当院院長(父)も講師陣に加わり臨床基本ゼミ初?の親子講師となりました^ ^
記念に、僕の歯科医師としての父と言っても過言ではない人気講師、須貝昭弘先生とともに3ショットを撮らせていただきました。実は約10年前にサンディエゴのアメリカ歯周病学会にて撮っていただいた機会があり、10年前には考えもしなかった現在に感慨深い思いがしました。

スリーショット

2017年スリーショット

2006年スリーショット

2006年スリーショット

2017講義風景

講義風景

父講義風景

父の講義風景(息子が撮影)


最後に臨床基本ゼミ事務局の先生方、この度もサポートしていただきありがとうございました。

投稿者: 医療法人社団健歯会中村歯科クリニック

2017.05.30更新

第55回日本小児歯科学会にてポスター発表を行いました。

演題は、わかりやすく言うと「子供の矯正方法によって顔面の成長発達方向に変化が見られるか、レントゲンで確認しました。」と言うものです。

もっと解りやすく言うと「MRCシステムでは正常な顔面の成長発達方向に導けます。」と言う発表でした。

MRCシステムは歯並びだけでなく、顔貌や姿勢・呼吸まで改善する画期的な子供の歯科矯正法です。

昨今、様々な矯正法が氾濫しております。どの方法も利点欠点あると思います。

当院が用いている『マイオブレース(マウスピース)』も専門の知識なしに用いると思わぬ弊害に会うと言います。
(時々、他の歯医者さんで渡されたんだけど・・・と相談に来る方もいらっしゃいます・・・。)

肩書きだけではなく、専門の知識・技能・研修を受けた歯科医院に受診されることをお勧めいたします。

ポスター発表には日本のMRC治療の第一人者でらっしゃる塩田雅朗にもご覧いただきました!(↓写真右)

JAPDポスター発表

 

塩田先生からは「キレイに治ってるね〜!」などのお言葉もいただきました。スタッフと力合わせて治療をおこなってきたことが結果として発表でき、そして第一人者の先生に評価をいただけたことに、とても感慨深く感じました。これからも1人でも多くたくさんの子供たちを歯並びだけではなく正しい成長へ導いていければと思います。

その後、同年代の友人の先生も交え最新の知見や治療のコツなどもお聞きし、大変有意義な時間を過ごすことができました。

塩田先生&小堀先生 

<趣味>話は変わりますが、今回は北九州の小倉という場所での学会ですので、朝の時間を利用してランニングを楽しみました^ ^
宮本武蔵の碑(手向山公園)を見に行ったり、小倉城を眺めたり、九州歯科大学に行って見たり・・・坂が少なめでしたので、気持ちよい朝風を感じながら二日で20km弱走れました。

・手向山公園

宮本武蔵の碑 碑の説明

建立は宮本武蔵の養子 宮本伊織氏 (隣に佐々木小次郎の碑もあります。)

手向山公園眺望地図巌流島

かの有名な巌流島(写真中央)も見えます・・・何とか。

小倉城 九州歯科大学

翌朝は小倉城や九州歯科大学を巡りました。

<食事>
さすが九州ですね!海産物からラーメンまで、美味しくいただきました^ ^
活きイカ刺し まるいち とんこつラーメン

投稿者: 医療法人社団健歯会中村歯科クリニック

2017.05.26更新

中村歯科クリニックでは、長く勤めてくれた歯科助手が家庭の事情により退職希望されたため、新しく正社員の募集を行っております。

社会保険・厚生年金など完備、有給休暇取得も推進しています。

 

合わせて当院で長く学生バイトをしてくれた歯学部生が国家試験を控えるため退職する予定です。

こちらは土曜日9:00~18:00、もしくは土曜日に加え火曜日金曜日の12:00~18:00を加えた時間で働ける方を募集しています。

学生はもちろん主婦の方も大歓迎です^ ^

 

詳しくは当院採用担当中村貴則までお問い合わせください。

2016忘年会

投稿者: 医療法人社団健歯会中村歯科クリニック

前へ 前へ

SEARCH



  • 中村歯科クリニック ドクターズ・ファイル
  • 院長コラム
  • 副院長ブログ