2019.04.11更新

tosyo1tosyo2今日はしばらくぶりに母校の図書館に論文の収集に行ってきました。所属してます『スタディーグループ火曜会』では毎年何らかの症例発表が義務付けられていまして、今年も7月の発表に備えて頭の中で想定しているものを具現化するため準備をしなければならない時期になりました。昔と違って、論文は図書館のパソコンで検索してそれをダウンロードするという形になりましたが、一部は書棚で探さなくてはなりません。私はこの雰囲気が好きです。スタバより趣があると思いませんか?

帰りの地下鉄の駅である九段下の桜はまだ少し残っていました。これから新緑の季節ですね。Sudan

投稿者: 医療法人社団健歯会中村歯科クリニック

2019.04.04更新

数年前から息子.貴則と休みを交代に取ることにして、私は木曜日に休みをいただいています。今日は快晴で、桜も満開のようなので、ネット情報から、三渓園に写真を撮りに行くことにしました。昔の大金持ちが凝りに凝って作った庭園だけあって、うまくできています。写真も絵葉書のような仕上がりとなりました。それから、川崎の宿川原の小川沿いの桜並木に行ってみました。これはこれで、風情がありますね。san1san2san3syuku

 

投稿者: 医療法人社団健歯会中村歯科クリニック

2019.03.31更新

話題のEOS-RPを手にして皇居周辺の桜を撮ってきました。前日の天気予報では晴れでしたが、期待に反して曇り空で肌寒い天気でした。ソメイヨシノは青空がバックにないと映えませんね。菜の花の黄色やハナダイコンの紫が鮮やかでした。朝早く出たのですが、人は多く、人気のボートは3時間待ちのようでした。tidori1koukyohanadaikon

投稿者: 医療法人社団健歯会中村歯科クリニック

2019.03.17更新

3月16、17名古屋で行われた『2019もくあみ会』に日曜日の17日だけ参加してきました。16(土)では息子・貴則の臨床発表もあってそちらにも参加してみたかったのですが、土曜日1日お休みにするわけにもいかず、日曜日だけの参加にしました。プログラムは、高齢化で体力が衰えつつある患者さんの歯の治療をどうするかという難しい課題についてでした。今までのように、治療者側が最先端の技術と知識で精密な治療をすれば良いということではなく、患者さんの生活環境や、お身体の状態を考慮しながら対応していかなければなりません。多くの先生方の対応方法も参考にしながら、来院される患者さんにとって最善の治療法を模索していきたいと思います。MOKU1

終わってから時間があったので、話題となっている名古屋城の本丸御殿を見学してから帰路につきました。mon2mon3mon4何百年前にこのような豪華な住居で生活していた一握りの人たちがいて、このような芸術品に没頭する職人と絵描きがいて、一般人は質素な生活をしていたことを考えると人間社会はなんと複雑なことなのでしょう。

投稿者: 医療法人社団健歯会中村歯科クリニック

2019.03.04更新

歯がしみるという主訴の患者さんがいらっしゃいました。お話を伺うと、ストレスや食いしばりではないかと他の歯科医院で言われたけど、サードオピニオン(2軒目ではない)を聞きに来院されたとのことでした。お口の中を見ると、歯質が溶けて充填物(歯に詰めてある金属や合成樹脂)が浮き上がっていました。上顎前歯の裏側も削げたようになっていました。よくげっぷが出たり、逆流性食道炎を患ったことはないかとお聞きしたところ以前に罹ったことがあるとのことでした。酸蝕症のお話をして、かかりつけのお医者さんに通って、逆流性食道炎の疑いがあると歯科医から指摘されたと言うようお話ししました。かなり典型的な口腔状態なので、写真を掲示します。歯の写真なので、プライバシーの侵害にはならないと思いますので。

sann-1sann2sann3

投稿者: 医療法人社団健歯会中村歯科クリニック

2019.02.24更新

東名高速上でいつも綺麗な富士山だなと思っていた松田インター付近での富士山の写真を撮るために、今回はインターから降りて付近の『いこいの村』で河津桜と梅の花を入れて富士山の写真を撮ってみました。もう少し空気が晴れているともっとくっきりと富士山が写ったと思うのですが、これもまた雲の感じが趣があるかなと自画自賛です。新緑の頃も良さそうです。matuda1matuda2matuda3

投稿者: 医療法人社団健歯会中村歯科クリニック

2019.02.21更新

enge昨日は耳鼻科の先生で、在宅での摂食・嚥下障害のある患者さんの治療にあたっていらっしゃる河合先生のお話を聞いてきました。健康な人であれば何の努力もなく平気で行なっている口から食物を取り込んでお腹に入れるという作業が、非常に短時間内で連鎖的な反射運動によって行われていることを改めて認識することができました。それにしても、歯科医が扱う口腔は、呼吸と摂食という生命維持に欠かせない機能に絡んでいるのですね。懇親会では、日頃疑問にに思っている睡眠時無呼吸や、アデノイド扁桃肥大について講演会に参加されていらっした耳鼻科の先生に質問させていただくなど、非常に勉強になりました。hannsya

投稿者: 医療法人社団健歯会中村歯科クリニック

2019.02.02更新

本日は診療終了後、認知症患者を中心に診療されていらっしゃる『横浜総合病院 臨床研究センターセンター長』であられる長田先生のお話を聴講してきました、

認知症の病因や症状、社会的な問題点など、多方面にわたるお話をコンパクトにお話してくださり、漠然としていた認知症の概念が少しクリアーになった気がしました。もう少し経つと、認知症の人たちが700万人になって、小学児童の人数より多くなると予想されているようです。知的活動や、運動をしている人は認知症になりにくいようなので、マメに頭と体を動かさなければと思いました。また、認知症にになりかけても、初期段階で気づけば、対応策があるとのことで、その場合、自尊心を傷つけないような言葉で、治療を受けるよう勧めることが良いともお話されていました。19.02.02-NINNTI

投稿者: 医療法人社団健歯会中村歯科クリニック

2019.01.25更新

園歯科医を担当してます保育園にて〇歳児から、就学前の年長組まで70名ほどの歯科検診をしてきました。二歳児までは、萌出している歯も少ないし、保護者が同伴していないので説明することもなく、お口の中を確認するだけという感じでしたが、4歳児以降はチラチラ虫歯を保有している子供を見かけました。6歳臼歯が萌出してお子さんに目立ったことは、歯磨きが上手くされてなく、プラークが結構歯牙にべったり付いていることでした。小さい頃は母親が歯磨きを手伝っていたのに、その頃になると子供任せになってしまっているからでしょうか?
園長さんに、歯科衛生士による子供向けの歯磨き指導と、保護者向けに食育を含めてどのように子供さんたちの口腔の健康的な発育を促すかのお話しをする機会を作っていただくようお話してきました。

投稿者: 医療法人社団健歯会中村歯科クリニック

2018.11.27更新

18.11.27日本で摂食機能療法摂食機能療法を始められた第一人者であられる植田耕一郎先生のご講演を拝聴してきました。学術講演で感動を覚えることは多くはないのですが、植田先生のお話には患者さんに対する熱い愛がこもっていて感動的でありました。また、実践的なお話も多く、深く心に残るものですた。植田先生がお話になった、【ピンピン コロリ】ではなく【ピンピン ゴロリ】という最後には近親者に看取られながらというお話には同感です。

投稿者: 医療法人社団健歯会中村歯科クリニック

前へ
  • 中村歯科クリニック ドクターズ・ファイル
  • 院長コラム
  • 副院長ブログ