Dr.輝夫ブログ

Dr.輝夫旧ブログ>

2021.02.23更新

ronnbunn

歯科医になりたての頃から取り組んでいる顎関節症の論文を『歯界展望』という創業100周年を迎えた歯科学術雑誌で発表させていただきました。自分としては、歯並びからというより、患者さんの背景や人となりから病態を推測するという対応が必要なのかと考えてまとめてみました。どのようなご意見が得られるか楽しみです。2021年3月号のP-659〜667

tennbo

投稿者: 医療法人社団健歯会中村歯科クリニック

2021.02.16更新

昨日はしばらくぶりの雨でしたが、雨が上がった後、半円形の綺麗な虹が診療室の窓から見えました。Fiji

当たり前のことですが、季節は変わって春の兆しが見えてきました。通勤途中の梅林に花がちらほらと可憐な姿を見せています。

ume

コロナが本格的に騒がれだしたのは昨年のこの頃だったでしょうか?第3波もようやく収束の兆しが見えてきたようです。ワクチン接種も始まるようなのでこのまま収束してもらいたいものです。

話は変わりますが、漢方の講演会がZOOMで開催されました。何か難しい不定愁訴を抱えておられる患者さんにお役になる情報があれば良いか拝聴しましたが、脈の複雑な取り方や、分かりにくい陰陽の解釈など奥が深くて簡単には応用できそうもないなと感じました。勉強しなければ。

kannpou

投稿者: 医療法人社団健歯会中村歯科クリニック

  • 院長コラム
  • 副院長ブログ