Dr.輝夫ブログ

Dr.輝夫旧ブログ>

2019.02.02更新

本日は診療終了後、認知症患者を中心に診療されていらっしゃる『横浜総合病院 臨床研究センターセンター長』であられる長田先生のお話を聴講してきました、

認知症の病因や症状、社会的な問題点など、多方面にわたるお話をコンパクトにお話してくださり、漠然としていた認知症の概念が少しクリアーになった気がしました。もう少し経つと、認知症の人たちが700万人になって、小学児童の人数より多くなると予想されているようです。知的活動や、運動をしている人は認知症になりにくいようなので、マメに頭と体を動かさなければと思いました。また、認知症にになりかけても、初期段階で気づけば、対応策があるとのことで、その場合、自尊心を傷つけないような言葉で、治療を受けるよう勧めることが良いともお話されていました。19.02.02-NINNTI

投稿者: 医療法人社団健歯会中村歯科クリニック

2019.01.25更新

園歯科医を担当してます保育園にて〇歳児から、就学前の年長組まで70名ほどの歯科検診をしてきました。二歳児までは、萌出している歯も少ないし、保護者が同伴していないので説明することもなく、お口の中を確認するだけという感じでしたが、4歳児以降はチラチラ虫歯を保有している子供を見かけました。6歳臼歯が萌出してお子さんに目立ったことは、歯磨きが上手くされてなく、プラークが結構歯牙にべったり付いていることでした。小さい頃は母親が歯磨きを手伝っていたのに、その頃になると子供任せになってしまっているからでしょうか?
園長さんに、歯科衛生士による子供向けの歯磨き指導と、保護者向けに食育を含めてどのように子供さんたちの口腔の健康的な発育を促すかのお話しをする機会を作っていただくようお話してきました。

投稿者: 医療法人社団健歯会中村歯科クリニック

2018.11.27更新

18.11.27日本で摂食機能療法摂食機能療法を始められた第一人者であられる植田耕一郎先生のご講演を拝聴してきました。学術講演で感動を覚えることは多くはないのですが、植田先生のお話には患者さんに対する熱い愛がこもっていて感動的でありました。また、実践的なお話も多く、深く心に残るものですた。植田先生がお話になった、【ピンピン コロリ】ではなく【ピンピン ゴロリ】という最後には近親者に看取られながらというお話には同感です。

投稿者: 医療法人社団健歯会中村歯科クリニック

2018.11.25更新

suimin1

土曜日には休みをいただき、第17回睡眠歯科学会に参加してきました。昨年の当学会には所用が重なり参加できなかったのですが、今回は前回より参加人数も、ポスター発表も、学術発表も大幅に増加しているような印象を受けまして、睡眠に関する問題の関心の高まりを強く感じました。学会の講演内容は、自分が臨床で遭遇する治療の場で関釜が得ていることと大きくずれていることもなく、自分の治療方法については自信を深めることができました。

また、睡眠の研究において、世界の最先端を走っている研究者の一人である柳沢正史先生の格調のある講演も拝聴することができ、睡眠研究の奥深さも知ることができました。

会場にはかなり早く着いてしまったので、開場前に付近の公園を散歩した時の写真もアップします。
日本睡眠歯科学会の正式な認定証も掲示させていただきます。
suimin2

suimin3

 

投稿者: 医療法人社団健歯会中村歯科クリニック

2018.11.22更新

先週快晴になりそうな天気予報を信じて4時半に起き、車を飛ばして明け方の富士山の写真を撮りに行きました。いまいち遅かったかな。何度か天気に嫌われていましたが、今回は最高でした。素人写真ですが、ご覧ください。hui-1hui-2hui-3hui-4hui-5

投稿者: 医療法人社団健歯会中村歯科クリニック

2018.11.03更新

suiminn

かねてから睡眠のことをしっかり勉強しなければと思っていたところ、六年前、患者さんから睡眠時無呼吸症候群睡眠時無呼吸症候群用の口腔内装置の製作を依頼され本格的に勉強を始めましたが、やっと認定医という表号をいただくことができました。今月末にも睡眠歯科学会がありまして、新たな知識を得るため出席するつもりですが、自らも研究して何らかの知見を世のために発表できるようになりたいと思います。

投稿者: 医療法人社団健歯会中村歯科クリニック

2018.11.01更新

18.11.1kyousei横浜で行われた第77回日本矯正歯科学会に参加してきました。前回は札幌だったので、前日から行ってましたが、今回は自宅からの参加です。どうでも良いことですが、札幌で開業している友人歯科医にばったりに出会ったのにはびっくりしました。
今回の学会で大きな会場で行われた講演には大きな興味がわく演題は少なかったのですが、若い先生方が主体の、ポスター発表には感心させられる事柄が多く、じっくり時間をかけて拝読させていただいてきました。それにしても、当院で行なっていて、大きな成果が出ているMRC(Myobrace)による筋機能訓練法による治療報告が学会としてはほとんど取り上げられていないことには疑問を感じました。子供さんを健康的に成長させるには最も良いことだと思うのですが。

投稿者: 医療法人社団健歯会中村歯科クリニック

2018.09.30更新

sannst土曜日の診療後に講演会に出席して来ました。

趣旨としては、地域住民の健康増進のため、特に高齢者の健康維持のために医師、歯科医師、薬剤師が協力して取り組もうとするものです。

問題は、対象となる人達の意識の問題ではないかと思います。それぞれ生活習慣病なので、食事や運動、歯磨きの習慣など、健康のために自分たちの習慣を変えていただけるか?医療機関に通院するのもある人達にとっては面倒なことかもしれないし?制度ができても活用していただけるか?講演では、歯周環境と誤嚥性肺炎のことが大きく取り上げられていました。

投稿者: 医療法人社団健歯会中村歯科クリニック

2018.09.13更新

18.09.13f『老後を健やかに』フレイル対策はお口の健康からという演題で青葉区若草地区センターで地域の高齢者を対象に講演して来ました。お集まりの高齢者は歩いて会場に来れる方でしたので、皆さん元気でしたが、これからの十年、二十年のことを考えてのことか、皆さん熱心に私の話を聞いていただけました。まとめとしては、よく食べて、よく運動して、人と交わるようにしようということですが、それにはよく食べられるは出なくてはならないし、よく人と交わるためにおしゃべりするには口腔周囲筋が健康でなければなりません。そのために、歯と口腔機能を健康に保つための方法についてお話しして来ました。フレイルに近そうな感じの人も参加していましたし、元気とは言っても皆さんそこそこの高齢者でしたので、これから大変な時代が来そうな感じも受けて来ました。18.09.13-2

投稿者: 医療法人社団健歯会中村歯科クリニック

2018.08.11更新

18.08.11.1

『縄文〜1万年の美の鼓動』
何かと話題になっているので見てきました。その頃には、文字がないので、記録がないわけで、人々は何を目標に生きていたのでしょう。家族や血縁関係の人としか交流がなかったのでしょうから、日常の生活に憂いがなければ良いというようなことでしょうか?学校も会社もないから、争いごとといったら、兄妹喧嘩のようなことか、配偶者獲得争いぐらいなことでしょうか?岡本太郎は爆発だといったようですが、縄文土器の実用的でない装飾性はどんな意味があるのでしょうか?宇宙人みたいな土偶にどんな思いを込めて作ったのでしょうか?文字がないので、推測するしかありませんが、スポーツを始め何かと競争し、優越感を得たがる現代人とは違った人生観を持っていたに違いがないとは思います。写真集を買ってきましたので、待合室の本箱に置いときます。

18.08.11.2

投稿者: 医療法人社団健歯会中村歯科クリニック

前へ 前へ
  • 中村歯科クリニック ドクターズ・ファイル
  • 院長コラム
  • 副院長ブログ