2018.04.02更新

休みの日には王禅寺の『百合ヶ丘ファミリーテニスクラブ』でテニスをしていますが、その途中の里山風の一角の桜が見事でしたので、帰ってからカメラを持って出かけて撮影してきました。カメラの画角を慎重に選ぶと深山渓谷ですね。

sakura1sakura2sakura4sakura5sakura6sakura7

投稿者: 医療法人社団健歯会中村歯科クリニック

2018.03.29更新

数年前から木曜日には休みを頂いていますが、今日は桜のネット情報から『弘法山』をピックアップして出かけてみました.平日なので、天気がよい割には人出もまばらで、気に入ったアングルで写真を撮ることができました.春かすみのせいで、富士山の稜線がきりっとしていないのがkoubouyama1koubouyama2残念です.

投稿者: 医療法人社団健歯会中村歯科クリニック

2018.03.18更新

moku昨年から講師の一員として参加している『臨床基本ゼミ』の卒業生で構成されている『もくあみ会』の総会が新潟で開催されましたので、参加してきました。
新潟は寒かったですが、会場は歯科医の暑い熱気で盛り上がりました。色々な症例を閲覧でき、色々な意見を聞くことができて刺激になりました。

投稿者: 医療法人社団健歯会中村歯科クリニック

2018.03.11更新

最近休みの日にはテニスに行くことが多く写真がごぶざたになっていましたが、しばらくぶりに梅の花を見に薬師池公園に行ってきました.
先週『CP+』というカメラのショウに行ってフィルターを買ってきたので、その効果を確認することができました。
数枚掲示しますので、ご覧になってください.
暖かくて気持ちのよい天気でした.今週は春を通り越して初夏のような気温になるとの予想が有ります.YAKU1yaku2yaku3yaku4

投稿者: 医療法人社団健歯会中村歯科クリニック

2018.02.25更新

suiminn1suiminn2この時期恒例の睡眠セミナーに参加してきました.2014年からですから5回目となります.毎回午前中は林田先生のお話で、お昼にトピック的なお話があり、午後は先日私が経験してきた終夜睡眠ポリグラフ(PSG)の講習となっています.
 さすがに5回目となると、睡眠学の全体像が理解してきたような感じがしました.今回のお話では日本人は欧米人より1時間ほど睡眠時間が短いことや、末梢の臓器にも体内時計があること、睡眠薬としてオレキシンを含有した物が副作用が少ないこと、高齢者の睡眠時無呼吸は中年のそれより危険性が少ないことなどがデーターを明らかにして解説されました.suiminn3suimin4suimin5お昼の藤巻先生のお話は、アスリート自身も睡眠の重要性を認識しているがそれをに医療関係者が対応しきれていない事などが話されました.また、高校生の調査では、バスケット選手に歯の破折事故が多いことが紹介されました。

投稿者: 医療法人社団健歯会中村歯科クリニック

2018.02.23更新

suiminn1suiminn2

この写真の包帯は事故での物ではありません.睡眠時の脳波・呼吸その他の検査器具を付けた状態の写真を撮っていただいた私の昨夜の寝姿です.
数年前から睡眠時無呼吸の勉強を本格的に始めまして、簡易型の装置は何度も自身で試していたのですが、このような装置は見学しただけでした。PSG検査をお勧めした患者さんから、非常に大変だったとの感想を伺ったので、自分でも体験しなければと思い昭和大学藤が丘病院で検査を受けることにいたしました.見た目すごいですが、自分の感想では、耐えられないほどでもなく、消灯時間がいつもの自分が寝る時間より早かったので、夜中に目を覚ましたりもしたのですが、そこそこ寝られて、本日の仕事もいつものようにやることができました.
簡易型の装置での私の無呼吸の状態は中程度なので、自分で口腔内装置を作り、いろいろ試した結果、正常な数値が出るほど改善されたので、それが本当に効いているのか試すためでもあります.そんな訳で、口の中にはマウスピースが入っています.2週間後に結果を教えていただけるのが楽しみです.

投稿者: 医療法人社団健歯会中村歯科クリニック

2018.02.03更新

sannsikai青葉区の医師会、歯科医師会、薬剤師会合同の骨粗鬆症治療薬についてのシンポジウムが開催されたので聴講してきました.

最初に整形外科の須関先生が、いかに骨粗鬆症が高齢者にとって大きな問題を抱えている疾患であるかをお話しされました.お医者さんのお話を聞くと、自分は歯科医として、比較的元気に普通に生活できている患者さんしか診ていないことを思い知らされます.痛みが無くても脊椎が圧迫骨折している事もあることを教えていただきました.また、患者さんの健康度のレベルの違いに圧倒されました.kotu今村先生のお話は、多くの症例を提示していただき、歯科医として、骨粗鬆症の高齢者の外科治療をどのように進めたら良いか貴重さ示唆を頂くことができました.

 

投稿者: 医療法人社団健歯会中村歯科クリニック

2018.01.13更新

SYOUWA

1月11日は恒例の昭和大学藤が丘病院で開催される」『藤が丘地域連携フォーラム』に参加してきました。
今回のテーマは『ペースメーカー』と『救急救命センターのショック患者の対応』についてでした。
患者さんの中にも、何人もペースメーカを埋め込んでいらっしゃる方がおられますので、漠然とした知識を持ってましたが、実際に臨床医のお話を聞くとその実体が生々しく具体的に理解されたように感じました.この世界でも技術が改良され、機械も良くなってきているとのお話でした.
救急救命センターのお話では、最近の救急車の活動状況や、救急の場での命をかけた必死の対応のお話を聞くことができました.
どちらのお話も、専門外で、直接生命の危機に臨むような対応を迫られない歯科医にとっては遠い世界の感がしましたが、命の最前線で頑張っておられる先生のお話は自分にとって、仕事に対する真剣さという意味で、非常に刺激的でした.

投稿者: 医療法人社団健歯会中村歯科クリニック

2018.01.03更新

2018sinnnenn

明けましておめでとうございます.

中村歯科クリニックはこの4月で開業30周年を迎えます.息子.貴則が研修先から帰ってきて親子診療をするために移転開業してからは、8年になります.
この間世の中も、歯科界も大きく変貌してきました.当中村歯科クリニックも、研修会に参加したり、スタディグループで研鑽したり、医局内での勉強会等で新しい知識の吸収と、その実践に勤めて参りました.
機械設備の点では、特に感染予防のシステムの確認や、オートクレーブを5台体勢にしたり、CTも高性能の機種に買い替えたりもしました.
そのようなハードの部分だけでなく、患者さんに気持ちよく、診療を受けていただけるような対応も考えるべく、医局会等で、検討も重ねてきました.
これからも、真に患者さんのためになる診療をめざし、安心・信頼される歯科医院をめざして研鑽する所存です。

今年もよろしくお願いします。

投稿者: 医療法人社団健歯会中村歯科クリニック

2017.12.10更新

当院では2010年から歯科用CTを設置し、精確な診断・治療に努めて参りましたが、この度、このCTをより広範囲に撮影できる機種にバージョンアップいたしました.これにより、口腔内の組織がより詳しく、より精密に確認できるばかりでなく、呼吸ののための気道や、顎の関節の状況も確認できるようになりました。

私が歯科医になった頃、歯科医としてどのような仕事をやっていけばよいのか、どのような勉強をしたらよいのかを考えたかを思い出すと、隔世の感があります.一言に言って『すごい進歩』です。

今回も多くの機会屋さんやら、電気屋さんに休日出勤していただきました。ありがとうございました。

CT

投稿者: 医療法人社団健歯会中村歯科クリニック

前へ 前へ
  • 中村歯科クリニック ドクターズ・ファイル
  • 院長コラム
  • 副院長ブログ