審美歯科

ホワイトニング

専用の薬液を使って色素を分解し、白い歯にするための施術がホワイトニングです。当院ではご自宅で行っていただける「ホームホワイトニング」を行っており、まずは患者さんごとにマウストレー(マウスピース)をお作りして、その後は夜寝る前などにそのマウストレーに薬液を着けて数時間装着していただくことになります。院内で行うタイプのホワイトニングと比べて自然な白さが実現でき、色の後戻りもしにくいという特徴があります。

白い詰め物・被せ物

詰め物や被せ物には複数の選択肢があるため、それぞれのメリットとデメリットをご説明させていただき、患者さんに最も納得のいくものをお選びいただくようにしています。また、ただ作って取り付けるのではなく、患者さんの歯の状況を見て、将来起き得るリスクなども考慮した上で最も長持ちし、メンテナンスもしやすいように処置を進めていきます。

なお、詰め物や被せ物はCAD/CAMと呼ばれる機械で削り出して作製することもありますが、その場合でも必ず最後は熟練の技工士が手で微調整します。この一手間によって、ピッタリと歯に装着でき、ほとんど治療したことがわからないくらいの仕上がりが可能になります。

詰め物・被せ物の種類

  • ジルコニアセラミック
土台には人工ダイヤモンドと呼ばれる天然の歯に似た透明感がありつつ固い素材「ジルコニア」を使用し、表面には白くて透明感があり自然な色合いを作れる「セラミック」を使っています。天然の歯のような見た目と丈夫さを両立できます。
  • オールセラミック
セラミックのみで作られた詰め物・被せ物です。強い力がかかると割れてしまう可能性があるため、噛み合わせや治療する歯の位置によってはお勧めできないこともあります。
  • メタルボンド
土台部分は金属、表面はセラミックでできています。白い歯に仕上がりますが、中に金属が入っているため透明感に欠けます。また、金属アレルギーの方はご使用できません。
  • ハイブリッドセラミック
セラミックとレジン(医療用プラスチック)の混合材質で、白い色をしていますが、そこまで自然な色合いではありません。また、変色していくという特徴があります。
  • 中村歯科クリニック ドクターズ・ファイル
  • 院長コラム
  • 副院長ブログ