歯を失ってしまったら

「歯の移植」という選択肢

通常、虫歯や歯周病で歯を失うことになった場合、「入れ歯」「ブリッジ」「インプラント」のいずれかの方法で治療をすることになります。それぞれメリットとデメリットはありますが、人工的な歯を使うということには変わりありません。どんなに素晴らしい素材が開発されても、天然の歯(患者さんが元々持っている歯)に叶うものはないため、「歯の移植」の可能性も検討します。

歯の移植とは

ご自身の余っている歯を抜いて、失ったところへ埋める治療を歯の移植と言います。最も多いのは、奥歯を抜かなければならなくなった時に、親知らずを使うというケースです。また、歯並びが悪く1本の歯が歯並びから飛び出た位置にある場合は、その歯を使うこともあります。一般的には歯の移植が成功する(根がきちんと骨と結びつく)可能性は9割程度だと言われていますが、当院ではほぼ100%の確率で成功しています。それは、歯の根っこの部分が細菌感染しないよう、細心の注意を払いながら治療を進めているからです。歯を抜くことになったが入れ歯やインプラントは避けたい…そんな方は、当院で歯の移植の可能性をご相談いただければと思います。

当院のインプラント治療

インプラントは残っている歯に負担をかけない、自然な見た目に仕上がる、自分の歯と同じような感覚で噛めるなど、様々なメリットがあります。しかし、その一方で治療費や治療期間といった負担は大きくなるため、当院ではむやみにすべての患者さんにインプラントを勧めるようなことはしておりません。現在では「インプラント周囲炎」と言うインプラント周りに起こる感染症も問題あります。

入れ歯やブリッジ、インプラントといった治療選択肢がある中で、どれが最も適しているかは患者さんのお口の中の状況によって異なります。また、いきなりインプラントをしなくても、まずは入れ歯を使ってみて、それでもご希望されるのであればインプラント治療を行うといったことも可能です。まずはよく話し合い、患者さんの将来にとって最も良い方法をご提案いたします。

安全で確実なインプラント治療

中村歯科クリニックでは、インプラント治療の際、必ずCT検査を実施し、立体的に歯や骨の状況を確認します。院内にCTがありますので、検査のためにわざわざ外部の検査センターに行っていただく必要はありません。

そして、きちんと骨があるところにインプラントを埋め込み、長く使い続けられるように治療計画を立てます。場合によっては、計画通りに治療を進めていくためのガイドを作成することもあります。

もちろん使用する器具はすべて殺菌処理しており、院内の空気も清潔な状態に保つよう管理しております。

処置後も良い状態を保つのはもちろん「インプラント周囲炎」にならないように、メンテナンスにてセルフケアの指導を歯科医師・歯科衛生士が行っております。

安心で確実なインプラント治療をご希望の方は、まずはお気軽にご相談ください。

当院の入れ歯治療

入れ歯には、一般的なプラスチック製のもの以外にも、金属を使った丈夫な入れ歯、他人に気付かれずしっかりとお口の中で固定される入れ歯などがあります。いずれの場合においても大事なのは、将来トラブルが起きてもすぐに対応できる設計にしておくことです。ただ型取りをして何となく入れ歯を作っても、使っているとすぐに痛みや違和感、すぐ外れてしまう、噛めない、メンテナンスしにくいといったトラブルに繋がります。当院はあらゆる治療において「将来起き得ること」を考慮しており、それは入れ歯の治療においても全く同じです。患者さんがいつまでも笑顔で毎日を遅れるよう、最適な入れ歯作りをいたします。

  • 中村歯科クリニック ドクターズ・ファイル
  • 院長コラム
  • 副院長ブログ